積み木の家

困ったときも頼れます|不動産売却を成功させる方法もある

このエントリーをはてなブックマークに追加

査定の種類をおさえよう

スーツの女の人

マンションを売るときには勝手に売主側の価格で売ることも可能といえば可能ですが、やはりよりスムーズに売ろうと考えているのであれば、マンション査定は必ず行っておいたほうが良いです。マンション査定には机上査定と訪問査定の2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。机上査定は売れるだろうと思われる価格を計算して算出するのが特徴です。例えば、駅までの距離や築年数、そのマンションが建っている土地などを元に机上査定は行われます。訪問査定は実際に不動産業者が物件を訪れ、その物件をチェックしてから売値を算出するのが特徴です。実際に物件をみるわけですから、より実際に近い査定額を算出することが可能なので、最終的には訪問査定による査定額が売値の基準になります。

マンション査定における注意点とはどういったものでしょうか。自分の物件というのは大なり小なりひいき目に見ますし、愛着も沸くものです。ですから、自分自身で決めた売値というのは世間での同規模の物件よりも高く見積もりがちなので、実際にマンション査定をしてもらうとその査定額の低さに驚く売り主さんがほとんどです。とはいえ、不動産会社はプロなので、プロの目で見た査定額は私たちが設定した金額より正確ですし、何よりも他人なので冷静な判断ができます。中には不動産会社が設定した査定額が気に入らず、まったく参考にしない売主もいますが、それでは物件が売れにくくなる可能性が高いので、マンション査定で提示された金額を冷静に受け止めて十分参考にして実際の売値を設定しましょう。